田中くんは(仮名)は、小学5年生の11才。

とても厚いレンズのメガネが印象的な男の子でした。
ご両親ともにメガネをかけておられました。
彼は、絵を描くのが大好き。マンガを見るのも大好き。

将来の夢は、画家かマンガ家だと教えてくれました。



【視力回復を望まれたきっかけ】

●メガネ無しの生活にしたい。
●ぜんそくを治したい。

【視力の変化】

右目/0.03→0.7
左目/0.06→0.6
★トレーニング期間/約7ヶ月


メガネを何とか外して日常生活がおくれるようになりたいというのが、田中くんの目標でした。田中くんは、週に3日塾に通い、ぜんそくが少しでもよくなるようにとスイミングスクールにも通っているちょっと忙しそうな小学生でした。
そんな中、トレーニングをがんばりました。

途中、メガネの度を軽くしながら、トレーニングを進めていきました。彼もご両親もとてもひたむきで、努力家のタイプでした。

少しずつ確実に回復していきました。

目標通り、メガネなしで日常生活をおくれるほどの回復です!

途中、腎臓がよろしくないお父さまの治療、お母さまの肩こり、田中くんのぜんそく・肩こりの治療も独自の整体術で回復へと導きました。

田中くんの印象が、ずいぶん明るく変わっていきました。

せっかく回復した視力をぜひ、このまま維持して頂きたいと思います。

ゲームやマンガはほどほどに・・・。


当センターは、お一人お一人に向き合い、 マンツーマンで視力回復の指導をし、健康的に笑顔ですごしていただける お手伝いがしたいと思っています。